検索
  • Admin

対馬丸の慰霊碑(宇検村)


1944年の太平洋戦争中に、多くの学童を乗せた6,754トンの貨物船「対馬丸」は、アメリカ軍の潜水艦から放たれた魚雷によって撃沈され、1,476名の犠牲者を出しました。軍により緘口令こそ引かれたものの、それだけの人々が向かった疎開先から、一通の便りも来ないとなれば、何かあったのかもと疑う親族もいて当然なので、すぐに人々の知るところとなったようです。

奄美近海で沈没した対馬丸に乗船していた多くの方々は、この宇検村にも流れ着いたそうです。当時発見した宇検村の人達や他の町村の人達は懸命に救助したということが沖縄でも伝えられており、その鎮魂と友愛の精神を受け継ぐ目的で建立された碑が現在船越海岸にあります。



0回の閲覧

© 2017 by Going Places. Proudly created with Uken-son tourism and local products association.

Please reload