© 2017 by Going Places. Proudly created with Uken-son tourism and local products association.

Please reload

検索
  • Admin

曽津高崎灯台に残る銃撃痕(宇検村と瀬戸内町の境界)


この灯台には、太平洋戦争中に米軍機からの機銃攻撃を受けた傷跡が今でも残ったままでした。灯台を囲むように建てられている塀の外側を見ると、弾痕の奥に銃弾の先端と思われる錆びた金属片が刺さっていたりで、興味深い場所です。




22回の閲覧