© 2017 by Going Places. Proudly created with Uken-son tourism and local products association.

Please reload

地産地消は全国的に使い古された言葉ではありますが、地元で収穫された食材を使った素朴な味わいこそ、宇検村の郷土料理です。観光物産協会ではそれらを活かした新しい商品も研究しています。

May 31, 2019

宇検村産のたんかんだけで製造された100%たんかんジュース。その名も「濃いに恋して」いよいよ発売開始です。出荷先は、奄美市では住用と名瀬、大和村ではまほろば館でお買い求めいただけます。今後、販路も拡大して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

April 26, 2018

宇検村で生産された特産品を多数ご用意し、4月28日(土曜日)に宮城県の南西部にある七ヶ宿町にて物産販売を行います。お互いに行き来する中で交流を深めてきた経緯があり、毎年それぞれの地区でイベントを行っています。この28日は東北で、遠い南の島から届けられた物産をぜひご覧下さい。

宇検村から村職員と特産品協会からも何名かが販売員として現地へ参りますので、もしもこののぼりをご覧になられましたら、そこが宇検村ブースです。どうぞお気軽にお声がけ下さい。

December 8, 2017

今回も、宇検養殖クルマ海老の試食会、そして宮城県七ヶ宿町から直送された美味しいお米とりんごの販売もございます。12月24日の日曜日でクリスマスイブということもあり、前回以上に多く出店される生産者様もおられるようですので、夕ご飯の食材調達にもいかがでしょうか。販売開始は午前10時からです。早く会場へ来られても販売はできませんので、何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

November 21, 2017

これまで長く交流を続けてきた宮城県七ケ宿町民の方々が宇検村を訪れ、本村の食材を使った料理づくりを通し、これまで以上にお互いの発展を祈念し合うと共に、大人も子供もそれぞれの体験プログラムをこなしながら親交を深めました。また、地産地消を目的に運営されてきた「うけん市場」にも見学で立ち寄ってくださり、本村の物産もご覧いただきました。

November 13, 2017

約3年前から地域おこし協力隊として宇検村へやってきた重田朱美氏。さまざまな地域行事と青年たちとの村活性化活動もしつつ、コツコツと民家を改装し、珈琲農園も開墾。様々な苦労も乗り越えて昨日めでたくオープンさせました。

奄美在住の方はもちろん、観光で奄美を訪ねてくださる皆様にも、美味しい本格コーヒーを味わって頂き、人々が集う憩いの場に出来ればとの思いは強く、よせられた期待も大きいです。

September 11, 2017

昭和の時代にバナナはそこそこ高級フルーツで、ありがたみがあったというのに、色々なフルーツが登場していく中で需要も減少したのか、価格は下降していったのでした。そんな現代に慣れていたため、奄美大島のバナナは値段が意外に高かったので、島内で収穫されていれば他所へ送るほど輸送費がかさむでもないのに、何故なのだと思いました。

たまたまいただいた島バナナを食べた時は、その濃厚な味と香りに驚きました。だからって、今時バナナでこの値段はないだろうとは思うのですけど、機会があればご賞味ください。普通のバナナと一味違います。

August 3, 2017

今日、うけん市場へ行くとドラゴンフルーツが入荷していました。先日、この実がなる元々のサボテンを教えられたばかりで、ドラゴンフルーツ自体も名前は知っていたのですが、現物を見ると想像していたより大きかったです。

June 22, 2017

昨日、新聞で取り上げられていたスミューファームさん製造の「島ニンニクとボタンボウフウのソース」は、「うけん市場」に並んでもすぐに売り切れてしまうほど人気商品ですが、お好み焼き・鉄板焼きで名高い「千房」さんでも使っていただき、好評のようです。奄美大島産の島ニンニクと、ボタンボウフウを加計呂麻島産の塩とオリーブオイルで漬けたソースは、代表の後藤さんに教えていただいた通り、パスタに絡めて食べてみるとすごく美味しかったです。それから、最近同じスミューファームさんが製造している「ざくざく島ニンニク」も「うけん市場」に並んでいますが、こちらはパ...

Please reload